ダブルバトル考察日記

ポケモンの世界大会WCSのアメリカ大会出場をめざします!

ダブルバトル基本編 「ダブルとシングルの違い!」

みなさん、こんにちは。

 

本日までで45戦を迎えました。
あまり結果が芳しくなかった&現状の環境をある程度理解できたので、
大幅にコテ入れをします。その名も「第1次改造内閣」。


誰が入閣するのか・・・・。

 

さて、火曜日は「ダブルバトル基本編」というところで、僕もまだまだダブルバトルに知識は豊富ではなくて、いろいろと考えるところがある毎日です。

 

やっぱりダブルバトルってシングルに比べて複雑だよね!的な考えをお持ちのかたもいらっしゃると思いますので、ダブルバトルを1から勉強しなおそうという記事にしていきます。


ダブルバトルの基礎!とかダブルバトルとは!?とかをインターネットで調べても「基本編」っていう文言はトップにはなかなか上がってこないんですよね。。。


教科書的な基本を書いておられる記事はたくさんあります。どれもすごくわかりやすくて僕も参考にさせていただいています。
僕も基本を書け!と言われると、なかなかに難しくて、わかりやすい記事が多いですし、そっち観て・・・って思っちゃいますw


でもやっぱり強くなるには基本をしっかりと抑えたうえで、応用を利かせて自分色に染めるというところが大事になってくるかと思います。。


の!で!

 

僕も含めて、基本から勉強していこうということで、ここではダブルバトルの基本をいろいろなサイトを参考にしながら書いていこうと思います。

 


第1回の今回はダブルバトルとシングルバトルの違い」をお届けします。


シングルバトルは、見せ合い63と言われたりするように、お互い6匹の中から3匹を選出し、1匹ずつ場に出してバトルをする形態のことを指します。

それに対してダブルバトルは見せ合い64と言われ、お互い6匹の中から4匹ずつ選出し、2匹ずつ場に出してバトルする形態のことを指します。

文字で書くとなかなかに分かり辛いですね!

 


①バトルではお互い1回ずつコマンド選択するシングルバトルと、1ターンに2匹操作(2匹分のコマンド選択)するダブルバトルとなっています。


なので、シングルでは確2調整をしていたポケモンに対しても、ダブルだと1ターンで倒せることもあります。


それゆえ、戦況はシングルと比べ目まぐるしく変化していきます

 

②天候パーティやトリックルームパーティなど、シングルに比べ発動ターンに攻撃ができる点もダブルだけの特徴ですね。

 


③全体攻撃・全体防御技もダブルの特徴ですね。
シングルだと炎技は火炎放射か大文字、地面技なら地震が挙がってくると思います。
ダブルではそれを差し置いて、炎技では熱風、地面技では10万馬力や地ならしが選択肢に挙がってきます。
地面技で単体を狙うには穴を掘るや10万馬力、地面Zで攻める工夫も必要になってきます。


④ダブル特有の技
ワイドガードファストガード、フラワーヒールなどダブル特有の技もあります。
これらをうまく使うことで、全く異なったゲーム展開にすることもできます。
シングルでは全くといって取り扱わないので、その分の知識も入れておく必要がありそうですね。


⑤ダブル特有の特性
ポケモンの特性のなかに、シングルでは全く効果が期待できない特性もダブルだとかなり有用になってくる特性があります。
例えば、味方の攻撃が効かないテレパシーや、味方の能力値を上げる特性(フラワーギフト)などがあります。

 


以上、ざっと考えるだけでもシングルとダブルの違いがたくさん出てきます。もちろん違わないとすみわけが難しいですからねw

 

①~⑤まで番号を振りました。

 

「ダブル特有の~」というところ以外は大体シングルと同じです!

 

この数行では説明が難しい内容だと感じたので、次回以降で詳しく紹介していこうと思います。


他にも思いついたことがあれば随時更新していきたいと思います。

 

ポケモン別調整記録「ギルガルド」

f:id:jinbadouble:20170828173847p:plainみなさん、こんにちは。f:id:jinbadouble:20170828173847p:plain

 

普段は部屋の電気をつけず、ディスプレイやテレビからの光源のみで生活しています。

 

さて、毎週月曜日は「各ポケモン別調整内容」ということで、今潜っているレートPTについて、6回に分けて、どういう見方で構成していったかをご説明していこうと思います。

 

毎週月曜日の更新なのでまったりとご覧いただけたらと思います。
(第1次改造内閣の計画をしておりますが、今回は組閣時の調整内容となっております。)


初回のポケモンは「ギルガルド

f:id:jinbadouble:20170827102126p:plainf:id:jinbadouble:20170827102126p:plainf:id:jinbadouble:20170827102126p:plain

タイプはゴースト/鋼 特性は固有特製の「バトルスイッチ」

 

第6世代からシングルレートではかなり使用されていたいわゆるレート上位ポケモン

特筆すべきはやはり特性と種族値とタイプ。

 

特性バトルスイッチにより、後攻時には60-150-150-150-150-60とアルセウスと並ぶ720族。

f:id:jinbadouble:20170827102126p:plain = f:id:jinbadouble:20170904175507p:plain

ゴースト格闘鋼技を持ち合わせると等倍以下で抑えられるポケモンはいないという攻撃範囲の広さ。


守りの面でも耐性9無効3とすぐれた耐性を誇る。

かたや、後攻を取られると60-150-50-150-50-60と耐久力はアゲハントと同等。

f:id:jinbadouble:20170827102126p:plain = f:id:jinbadouble:20170904175539p:plain

 

技範囲は広いが、高火力技がないため、意外とダメージが足りないことが多い。

 

素早さが中途半端な60族。

 

とまぁこれくらいが紹介文になりましょうか。
詳しくはポケモンWikiでも見ていただければはるかに分かりやすく書いてあると思います。


努力値配分は252-0-252-0-4-0(第一陣なのでかなり雑)
性格はれいせい(特攻アップ素早さダウン)

ランドロスの地ならしを3割程度に抑えるためB振

地ならし+テテフのメガネシャドボがぎりぎり耐えれるか耐えれないかのところ。
メガネ以外なら楽勝。

 

弱点が特殊寄りなところがアンチシナジーかと思いながら。。。このへんは最適解調整を目指してます。

 

火力も弱点保険前提ではありますが、冷静で一応特攻アップさせてる&やけどがやっぱり怖いので特殊よりの技構成。

 

技構成はシングルでもよくあるシャドボ/ラスカノ/キングシールド/聖剣
持ち物も弱点保険とシングルのような構成。

 

高い突破力を発揮してほしいという期待。弱点保険を腐らせないような立ち回り。

守る読みが結構重要になってくる(全部単体技であるため)。

 

UBには軒並み強い。カグヤがジリ貧になりそうではある。
カプ系もタイプ相性では優位。

 

等倍Z技なら耐えれるけど、フィールド強化には注意。(エレキフィールドの電気Zとか)

初手キングシールドはマジで慎重に選んだ方がいい。Zよけも大事やけど1ターン目を無駄にするのは結構リスキーになるので。


僕が第一陣をつくるときに考えるところはこれくらいですかね。

 

ダブルの場合あまり仮想敵をリアルにしてしまうと、器用貧乏で受けきれず、押し切れずになることが多いので、その辺は割り切って調整することも必要になってきます。


データを集めることで仮想敵を作ることもできますので、そこはPTと相談にはなってきます。


対戦を通じて、ここのこういう部分は耐えれたはず。であったりというところがあれば、適宜調整するため計算していくこともあります。

完全に答えがないですし、調整内容もPT構成によって異なるので、自分だけの調整を見つけることが最終目的なのかなと思います。


今回のPTの核であるので、調整は慎重に行おうと思っています。


PT構築のときみたいにあんまり参考になりそうなことが出てこなかったですね・・・。
あくまで、僕個人の考え方ですので・・・。

 

以上がギルガルドの考察でした!

 

フィードバック記事(その2)20170827-20170829

 

f:id:jinbadouble:20170828173847p:plainみなさん、こんにちは。f:id:jinbadouble:20170828173847p:plain

 

まだまだ一週間ですが、1日5戦でも結構なデータ量になって、非常に楽しいです!

1試合1試合の密度を高めていきたいです!

 

ということで!今回の集計とフィードバックです。

 

今月(8月26日~9月24日まで)の目標は


「ダブルの環境把握とプレイングの慣れ」 でした。

----------------------------------------------------------------------
フィードバック内容の説明
BVコード: 該当対戦のバトルビデオコード(いいなぁと思った対戦は記録しています。)
対戦相手ポケモン:相手のポケモン6匹
自分ポケモン:自分のポケモン4匹
※選出ポケモンには○、初手2匹には◎
結果:勝ちor負け

感想:ここが一番大切。対戦の所感から反省点など。

----------------------------------------------------------------------


期間:8月27日(日)~8月29日(火) 15戦 9勝6敗(毎日3勝2敗でした・・・)


対戦相手ポケモン:◎ポリゴン2メタグロスダダリンウインディ×ワルビアル×オニシズクモ

f:id:jinbadouble:20170903162447p:plainf:id:jinbadouble:20170903162531p:plainf:id:jinbadouble:20170830195240p:plainf:id:jinbadouble:20170903162632p:plainf:id:jinbadouble:20170903162733p:plainf:id:jinbadouble:20170902120728p:plain


自分ポケモンキュウコンランドガルドマンダ

結果:負け

感想:トリパは読めました。選出でキュウコンは完全にミスグロスウインディに縛られてる)ダダリンは素早さの関係上押せるが、一致弱点ありやし、トリル中なら縛られる。
裏のダダリンウインディを考えるとマンダランドでなんとかなったような気がする。

ポリ2はガルドくらいしか見れない。(逆にポリ2はガルドさえいれば手も足もでない。)
最終ターンにキングシールド晴れていればワンちゃんあったかもっていう勝ち筋は存在してた。キュウコンの選出はミスだったけど、立ち回りである程度カバーできた。もう一歩のところで詰め切れないのが敗因。
ダダリングロス・ポリ2ならガルド1匹で見切れるくらいの余裕はありそう。



対戦相手ポケモン:◎ルンパッパ◎ペリッパーヒードランメガクチート×クレセリア×霊獣ランドロス

f:id:jinbadouble:20170903163050p:plainf:id:jinbadouble:20170903163111p:plainf:id:jinbadouble:20170828174048p:plainf:id:jinbadouble:20170903163204p:plainf:id:jinbadouble:20170903163309p:plainf:id:jinbadouble:20170827102102p:plain


自分ポケモン:ランドガルドキュウコンバナ
結果:負け

感想:雨パは明確。初手のランド→キュウコンは正解。

水Zの威力も弱められたしれいBをキュウコンで受けれた。

雨無し水Zでガルド6割くらい。

2ターン目にペリッパーが引くことは明らかに分かっていた&出てくるとしたらキュウコンケアの鋼タイプ(クチートヒードラン)しかないので、あそこはフリーズドライでルンパッパを処理すべきだった。

ヒードランはランド、メガクチートはバナで見れる。ので、ランドにルンパのドロポンは受けるべきではなかった。クチートとドランにガルドは若干不利なので、あそこは死んで正解。後ろで後を処理できるはず。この試合も勝機は十分にあった。が逃した。


BVコード:
対戦相手ポケモン:◎ピクシー◎パルシェンガブリアスメタグロス×カプテテフ×ウインディ

f:id:jinbadouble:20170903163633p:plainf:id:jinbadouble:20170903163727p:plainf:id:jinbadouble:20170903163804p:plainf:id:jinbadouble:20170903162531p:plainf:id:jinbadouble:20170830192410p:plainf:id:jinbadouble:20170903162632p:plain


自分ポケモン:ランドガルドバナキュウコン
結果:負け

感想:ゆびとま殻破り。初手から地ならしコンボでピクシー確1。つらら読みでキュウコンに替えたところまでは正解。もう一回受けて死んじゃったのはミス。

ランドを引っ張る必要がなかった。

ガブおるのは見えてるからキュウコンは最後まで残しておくべきだった。ガブがキンシにドラゴンクローで火力が下がった次のターンでグロスが出てくるのは明確だったので、パルシェン処理よりもグロス読みシャドボにしておくべきだった。
ゴーストに一貫性があるPT且つグロス出てきそうだったのであそこは打ってグロスから先に処理しておくべきだった。最終パルシェンガブVSキュウコンガルドバナの局面にできていれば勝てたが、できなかったので負けました。


BVコード:
対戦相手ポケモン:◎エルフーンテッカグヤランドロス霊獣○テラキオン×ゲンガー×モロバレル

f:id:jinbadouble:20170903163934p:plainf:id:jinbadouble:20170902120832p:plainf:id:jinbadouble:20170827102102p:plainf:id:jinbadouble:20170903164029p:plainf:id:jinbadouble:20170903164117p:plainf:id:jinbadouble:20170903164154p:plain


自分ポケモン:ランドガルドバナキュワ
結果:負け

感想:最大の敗因はカグヤの型読みミス。特殊ATやった。ものすごく重くなって終戦
エルフに固執しすぎて処理を急いだ結果、カグヤ無双状態になった。

クレセもそうだけど耐久ポケモンに居座られる環境を作るのが結構多い気がするので注意が必要。

テラキ・エルフはバナで見れるし、ランドはなんとかなったはず。

どちみちカグヤ落とせなかったので、カグヤを先に処理すべきでした。

 


以上15戦やった中でフィードバックできそうなのは4戦でした。。

 

基本的に負け試合のフィードバックをしていこうと思っています。

 

不利選出であっても、立ち回り次第で形勢逆転は可能であると感じています。
が!が!不利選出の場合はプレイングミスがモロに勝敗に影響してきますし、なんといっても1ターン目の動きが非常に重要になってきます。
(というより、1ターン目の択ミスがかなり多い印象。自分の。。。)

 

というところで、1ターン目をかなり意識して次の3日間をプレイしていきたいと思います!

最後に、毎回ポケモンのデータを取っているので、それもお見せ致します。

リアルタイム数値(9月2日対戦までの数値)です。

相手ポケモンの選出確率トップ10f:id:jinbadouble:20170903164843p:plain

 自分のポケモンの選出回数・先発率・後発率

f:id:jinbadouble:20170903164905p:plain

 
ランドに頼りすぎ。。。もうちょっと選出練らんと連敗引きずることが分かりましたw

 

では次のフィードバックは水曜日です!

シングルバトル!レートPT紹介!

みなさん、こんにちは。

ポケモンはやればやるほど奥が深いゲームですね。。。


さて、今回はシングルバトルについてです。

 

「ダブル考察日記じゃねーのかよ~」という方にはすいません。

 

晴れの日にも雨が降る時代なので、ご容赦ください。。。


とまぁシングルバトルにもちょこちょこお邪魔させてもらってます!!

 

のでその成果報告というわけではないのですが、シングルも記事にして、シングルの人にも見てもらって、「お、ダブルも書いてるのか」的な感じで、ダブルをするきっかけにつなげればいいかなと思っております。

 

シングルにはダブルにはない深さがありますし、用語もすごい数あります。

 

人口も非常に多いですし、マッチングも軽やか。

 

僕がシングルを始めたのは厳密にはXYからなんですよね。。。

ずーーーーーっとダブルばっかりやっていて、ダブルのポケモンでシングルレートもぐったりはしていましたが、シングル用のポケモン!という意味で育て出したのはXYのころが初めてなんですよね。。。

 

ですが、ダブル強いけどシングル弱いってなんか情けなくって・・・w

 

シングル専のおともだちには一度も勝てないくらい弱いですが・・・

 

というところで、うまくなろうと思うにはシングルでも同じくやっぱり回数こなして、環境に慣れる必要があると思うんですよね。

 

なので、ダブルがメインのこのブログですが、週に1度(土曜日)にはシングルバトルについてお話する機会を設けようと決めました。

 

基本的には対戦フィードバックが主体ですが、今週については、まだバトルの戦績が貯まっていませんので、

 

今週 → シングルバトルについて僕の経歴・・・とかるーいPT紹介

 

来週 → シングルのフィードバック記事

という流れでお届け予定です。

 

シングルバトルについての僕の経歴は上に書いたようにぺーぺーのぺーぺーで、シングル専用って作ったのもXYからですし、サンムーンでも1PTしか作れていません。。。

 

育成済みのポケモンはいっぱいいますが、環境にあったポケモンが少なくって・・・。

以上が経歴です・・・w

 


では、僕が現時点レートで潜っているPTをご紹介!(サンムーン発売時に真っ先に思い浮かんだPTです)

 

1番! カプブルル!

f:id:jinbadouble:20170902120605p:plain
 グラスフィールドからのウッドハンマーを期待しています。カプ系最遅ということも加味してます。


2番! メガボスゴドラ

f:id:jinbadouble:20170902120655p:plain
 ミミッキュを狩るためのメガ枠!メガ枠解禁されたのでメガさせました。


3番! オニシズクモ

f:id:jinbadouble:20170902120728p:plain
 基本的に特殊受けと特殊な特性で相手PTを翻弄!


4番! Aガラガラ!

f:id:jinbadouble:20170902120746p:plain
 安定のガラガラ。たぶんすごく対策されてるんだろうなぁ・・・。


5番! Aペルシアン

f:id:jinbadouble:20170902120801p:plain
 特性ファーコートや最速捨て台詞で掻き回す!


6番! テッカグヤ

f:id:jinbadouble:20170902120832p:plain
 ただただ使ってみたかった。。。(カグヤの前はエンニュートでした。)

f:id:jinbadouble:20170902120902p:plain

 

 

以上!このPTで潜っていきます。

f:id:jinbadouble:20170902120605p:plainf:id:jinbadouble:20170902120655p:plainf:id:jinbadouble:20170902120728p:plainf:id:jinbadouble:20170902120746p:plainf:id:jinbadouble:20170902120801p:plainf:id:jinbadouble:20170902120832p:plain

 

コツコツ経験値を積み重ねて、いろいろな大会の上位を目指せるようなプレイングを身に着けたいと思っています!


レートで会ったらよろしくお願いいたします!!

ダブルにおけるPT構築!その1

f:id:jinbadouble:20170828173847p:plainみなさん、こんにちは。f:id:jinbadouble:20170828173847p:plain

 

なんか最近一気に涼しくなったような気がします。
秋到来ということなのでしょうか。。。

 

先日、「今後の取組」で、曜日別にコラム的な記事を書くことを決めました。

 

金曜日では「ダブルにおけるPT構築」というテーマで何回かに分けて書いていこうと思います。

 

多分シングルバトルでも様々な戦略を考えたりやPT構築をされていると思います。


ダブルにおいても戦略は非常に重要であり、それを基にPT構築をしていくという流れは基本的には同じだと思います。

 

まぁ皆さんも自分なりの構築の仕方などをお持ちでいらっしゃると思います。

 

ので!

 

ここでは僕のPT構築の仕方(ダブル編)と称しまして、お話していこうと思います。


基本的なPT構築の流れとして、僕が考えることは


① PTテーマを考えます。

 → テーマを決めることでPT構築のブレ(ポケモンを選んでいるうちにブレが生じてきます)を極力少なくできます。

ざっくりしたテーマで問題ないと思います。

あんまりがっちりしても②以降が大変になりますので・・・。

 


② テーマに沿った核となるポケモン1匹を選出。

 → やっぱり核となるポケモンを置くことで、残りを肉付け形式でポケモンの選出ができます。

 


③ 核となるポケモンの立ち回りに必要なポケモンを選出

 → 核となるポケモンを最大限に活かし、最高のコンディションに持っていけるようなポケモン

料理でいうところの薬味的なポケモンミョウガポケモン)です。

これはダブル特有な気がしますね。

 


④ 核となるポケモンの相性補完に優れているポケモンの選出

 → これはシングルでも同じ、サザンガルドとか昔のシャンナットとかがそれに当たりますね。(なつかしいいいいいいいいー)

 


⑤ 全体に対してサポートができるポケモン

 → ダブル特有の考えですね。

ヒール技や特性による補助(避雷針やフレンドガードなど)、手助けやワイドガードなど、相手の妨害のほかに自分の味方に影響を及ぼす技・特性を含んでいるポケモンのことです。

 


⑥ 相対的に考えて、相性がうまくはまり込むポケモン

 → ④と違い今度はPT全体の相性について一貫性を極力なくすことができるポケモン
  (このあたりが非常に難しいです)

 


⑦ 総合的にチームバランスを整えることができるポケモン

 → ラスト1枠。テーマを再度思い出し、テーマに沿ったバランスを整える(口で言うのは簡単ですが、⑥と⑦で僕はいつも悩みます・・・)。

 

 

⑧ 最後テーマに沿ったPTの名前を決める。

 → PTに名前を付けることでPTの愛着がわきます(だけw)。

 


これらの流れを考えて6匹を選出していることが多いですし、今回のPTは結構上記を意識して作っているPTであると言えます。

 

ということで!

 

今回レートで潜っているPTを例に、構築の流れを説明していこうかと思います。

(隠すことでもないと思いますし、実例を挙げていくのが一番わかりやすいと思いまして)

レートでのPT

ギルガルド 霊獣ランド メガマンダ メガバナ キュワワー Aキュウコン

f:id:jinbadouble:20170827102126p:plainf:id:jinbadouble:20170827102102p:plainf:id:jinbadouble:20170827101518p:plainf:id:jinbadouble:20170827101240p:plainf:id:jinbadouble:20170827102407p:plainf:id:jinbadouble:20170827102457p:plain

でした。

 

 

f:id:jinbadouble:20170827102407p:plainキュワワーかわいい。かわいい。f:id:jinbadouble:20170827102407p:plain

 


では上に書いた流れの順にどういう思考回路で僕がPTを造っているかを説明していきます。

 


①テーマの策定

 テーマとしては  「PTの連携」  に重点を置いてPTを構築しています。


ダブルバトルっていうんだから連携しないと!っていうのが個人的な思いです。

 


②テーマに沿った核となるポケモンの選出

 今回でいうところの弱点保険ギルガルドが核となるポケモンとして選出しました。

f:id:jinbadouble:20170827102126p:plain

弱点保険は、抜群技を受けると特攻・攻撃がそれぞれ2段階上昇するという

「倍返し!」的な道具です。

 

弱点保険ギルガルド自体メジャーなポケモン且つメジャーな道具なので、相手からの抜群技を待っていると致命傷になってしまいます。


なので、ここは自分のポケモンで始動することを考えました。連携連携!


ここまでの傾向として、弱点保険読みはかなり多く、相手も安易に弱点技を打たず、等倍技で弱らせて留めに弱点技!というケースが多いです。


ギルガルドはシールドフォルムだとBD150とかなり硬いポケモンですので、弱点技であっても簡単には落ちない→弱点保険発動で反撃というケースを警戒されます。

 

シールドフォルムであれば、弱点技であっても落ちない!という点に着目して、全体技で巻き込みながら弱点を突いてみてはどうだろうかという戦略を思いつきました。

 

警戒されてるんならその警戒を連携で利用してやろうっていうことですよ!!

 

といった塩梅で、1匹目のギルガルド選出が決まりました。

f:id:jinbadouble:20170827102126p:plain

1匹目の核となるポケモンは恐らくスッと決まると思います。好きなポケモンとかでも理由には申し分ないですからね!


PT構築はそれぞれの味でもあるので、ほんと参考程度に見ていただければとてもうれしいです。


その1はここまで!

フィードバック記事(その1)20170826

みなさん、こんにちは。

 

毎日少しずつ成長を感じながらプレイしています。

 

さて、PTも完成し、運用を開始しました。


ということで!今回の集計とフィードバックです。

今月(8月26日~9月24日まで)の目標は

 

「ダブルの環境把握とプレイングの慣れ」 でした。

 

 

フィードバック内容の説明
BVコード: 該当対戦のバトルビデオコード(いいなぁと思った対戦は記録しています。)
対戦相手ポケモン:相手のポケモン6匹
自分ポケモン:自分のポケモン4匹
※選出ポケモンには○、初手2匹には◎
結果:勝ちor負け

感想:ここが一番大切。対戦の所感から反省点など。A

 

バトルビデオをブログ上に載っけれたら一番いいのになぁ・・・。

 


期間:8月26日(土) 5戦4勝1敗

 

第1戦(ドキドキの初戦!)
BVコード:WRQW-WWWW-WWW8-Y7SR
対戦相手ポケモン:◎フワライド◎カプテテフ○メガバンギラスグライオン×ギルガルド×ランドロス霊獣

f:id:jinbadouble:20170830192348p:plainf:id:jinbadouble:20170830192410p:plainf:id:jinbadouble:20170830192446p:plainf:id:jinbadouble:20170830192730p:plainf:id:jinbadouble:20170827102126p:plainf:id:jinbadouble:20170827102102p:plain

 

自分ポケモン:ガルドランドキュワメガバナ
結果:勝ち

 

感想:運命の初戦。無事勝利。だけどかなりギリギリの試合で、相手が勝ち急いでいなかったら負けてた試合。
基本的な戦略はちいさくなるバトン→無限グライオンの流れ。
テテフの処理に夢中になりすぎて、フワライド放置していた結果、ギリギリの勝負となってしまった。
2段階アップの聖なるつるぎはグライオンの身代わりを解くことができなかった。
マイナーポケモンは動きが特殊なことが多く、嵌ると負け筋を引かされるので慎重に対面していきたい。
フワライドは初手サイコシードで特防アップ→かるわざで先制というテンポのいいコンボからスタートした。結構いい作戦だと感じた。

 


第3戦
BVコード:DKYM-WWWW-WWW8-Y7S6 
対戦相手ポケモン:◎ルカリオヤレユータンコータスダダリン×ドラミドロ×シザリガー

f:id:jinbadouble:20170830195007p:plainf:id:jinbadouble:20170830195100p:plainf:id:jinbadouble:20170830195138p:plainf:id:jinbadouble:20170830195240p:plainf:id:jinbadouble:20170830195257p:plainf:id:jinbadouble:20170830195353p:plain


自分ポケモン:ランドガルドマンダキュワ

結果:負け

感想:晴トリパ。晴パってのは把握できてたけど、トリパは全然考えてもいなかった。見せ合いの段階である程度気付けるくらいの手持ちだった。
ヤレユータンコータスの噴火を采配で2回打ってきた。っていうコンボ。
ルカリオゆびとまは正直自分使ってたことあるけど、自分のほかに使う人がいたんだっていう・・・・
マンダをバナにする選択肢はあったかもしれない。
ヤレユータンが結構固く、処理に時間を要したのが敗因。ヤレユータンコータスを先に落とすべきだった。残りのルカリオダダリンにそれほど縛られないPT構成なので、何を先に倒すのか、展望を明確に決めて、勝負に挑むべきでした。
ヤレユータンのテレパシーを全体攻撃を防ぐ特性だと勘違いしてたのは致命的なミス。

 


以上5戦やりましたが、フィードバックできそうなのは1戦目と3戦目でした。

 

こういったように、印象に残った試合をピックアップして記事として掲載します。

 

結果的に負けは3戦目の1回だけで、5戦4勝1敗と上々の滑り出しかなと思っています。

 


もちろん環境把握や慣れを目標にやってますが、一番はやっぱり勝つことです。

 

ですが、勝ち試合にも必ずプレイングミスはありますし、勝ち試合であっても納得のいかない勝ちもあると思います。ですので、勝ちも負けもしっかりと反省することが必要になってくると思っています。


内容の悪い試合に関しては、勝ち負け関係なく振り返るべきだと思っています。

ですのでこのフィードバック記事は大切これからも更新を続けていきます!

 


最後に、毎回ポケモンのデータを取っているので、それもお見せ致します。

相手ポケモンと先発・後発・控えf:id:jinbadouble:20170830195722p:plain

 自分のポケモンの選出回数・先発率・後発率

f:id:jinbadouble:20170830195957p:plain

データ的なものは分析には非常に重要になってくるので欠かさず取るようにしています。
こういった数字的なものを見れるとより具体的になっていいかなーって思っています。

 

では次のフィードバックは日曜日です!

当ブログの運営について!

f:id:jinbadouble:20170828173847p:plainさてさて、こんにちは。f:id:jinbadouble:20170828173847p:plain

 

ダブルの素晴らしさってあんまり理解してもらえないんですよね。。。
おともだちにもシングル専でダブルはさっぱりって方がいます。

 

最初の一か月はブログを続けるという意味も込めて、更新できるときは更新していこうと考えておりまして。。。

 

となると、記事を書く話のタネが必要なわけでして。。。

 

 

一応今考えていることがあって、それを今回の記事に書いて、実践していこうかと思っています。

 

僕自身やっぱりダブルバトルを皆さんに勧めていきたいわけですので、やっぱり魅力を語らないと始まらないですよね!

かといって、僕の意見・魅力だけを押し付けるのもちょっと違うなぁと思いもします。


現状決まっていることと言えば、日曜日と水曜日に対戦フィードバック記事を書くことくらいです。

 

これじゃあ自己満足だし、環境把握はできてもダブルバトルに関して広めることができません!!

 

というところで、曜日を決めて、コラム的な要素でダブルバトルを皆さんに知ってもらえるように記事を書いていこうと思いました。


毎日更新は多分かなり厳しいと思いますので曜日を決めて、「この曜日はこの記事」といったように分かりやすく、それでいて読んでいて疲れないように更新していこうと思います。


○○についてその1→次の日にその2ってすると、情報の整理がなかなか難しいですし、次々話が進められていくとしんどくもなってくると思うので、曜日ごとに更新する記事を替えていこうと思います。


日曜日 → 対戦フィードバック記事 

月曜日 → 各ポケモン別調整内容記事

火曜日 → ダブルバトルの基本記事

水曜日 → 対戦フィードバック記事

木曜日 → 

金曜日 → ダブルバトルにおけるPT構築記事

土曜日 → シングル対戦フィードバック記事


というところで、初めの一か月は上記のように記事を更新していこうと思います。

 

シングル対戦フィードバックについては、たまーにシングルレートをもぐったりもしているので、それの環境をフィードバックできればと思います。

 

「ダブルって書いてるのにシングルも取り扱うのかよ~」とお思いになるかと存じますが、牛丼屋にもカレーがある時代ですので、ご理解いただければと思います。

 

現段階で割とストックがありますが、情報を一気に出してしまうと継続が難しくもなりますし、見てる方も頭いっぱいになりそうなので、各曜日ほんとちょこっとずつ更新していって、徐々に全体像が見えるようなブログになれば本望でございます。

 

このブログを自分のポケモンに対するモチベーションにしつつ、ダブルバトルを広めていけたらと思っています。